グローバルナビゲーションへローカルナビゲーションへ本文へサイト情報へ

ホーム > バイク・スクーター > ヤマハバイクワールド : バイク用語辞典



バイク用語辞典


意外と知らないバイクの専門用語を基礎から分かりやすく徹底解説。




バイク用語辞典

★検索キーワードTOP10

★新着用語NEW

★50音順で探す










★ジャンルで探す

用語詳細

新規検索

排気量

【ジャンル】カタログスペック

総排気量ともいわれ、エンジンが一度に吸い込める混合気の体積のこと。吸い込める量が多ければ多いほど爆発は強くなり、大きな力が生まれる。
 たとえば、注射器をイメージするとわかりやすい。大きい注射器であればたくさん吸い込め、小さければその逆になる。しかし、たとえ小さい注射器でも本数を増やせば、すべての総量を増やすことができるのだ。
 400cc、750ccなどといわれるのが、この排気量。単位はペットボトルでもおなじみの「cc」(またはml)なので、だいたいの大きさは把握できるだろう。ただ注意したいのは、多気筒の場合。たとえば400ccで4気筒なら、1気筒あたり100ccの大きさということ。1気筒あたりの排気量は大きい方が力を出しやすいがその分、部品が大きく(重く)なって各部の負担も増える。小さい方が負担が少なく壊れにくい傾向にあるため。単気筒エンジンはどんなに大きくても800ccぐらいに抑えられている。
 詳細に説明をすれば、排気量とはシリンダー内でピストンが往復するところの体積となり、その上下運動の距離(ストローク)とピストンの表面積から、簡単に計算することができる。表面積はピストンの半径(ボアの半分)から求めることができ、ストロークと一緒にスペック表に記載されている。計算式は、(ボア[cm]÷2)の2乗×円周率×ストローク[cm]×気筒数=総排気量となる。



【関連用語】混合気 シリンダー

“排気量”が文中で使用されている用語

アッパーブラケット/ロアーブラケット

 自分のバイクを前から見てみよう。フロントフォークがヘッドライトの上下で固定されているのがわかるはず・・・

AT限定免許

05年6月1日からスタートした新しい免許「オートマチック限定免許」のこと。読んで字のごとく、多くのス・・・

キック

 人力でエンジンをスタートさせる方法。エンジンから出ているキックスターターレバーを蹴り込むのでキック・・・

空冷

エンジンの熱を空気中に放出する冷却方式。冷却方式とはいうものの、基本的にはエンジンを冷やす特別な装置・・・

クォーター

排気量が250ccのバイクのこと。クォーターは4分の1を意味し、1000ccのクォーターということで・・・

限定解除

 大型自動二輪免許を取ること。昔の呼び方の名残り。  現在、400ccまで運転できる免許を普通自動・・・

車検

正確には自動車検査登録制度。使用者・所有者を登録し、車両が安全基準を満たしているかを検査する。車検で・・・

シリンダー

エンジンの一部を表す言葉。中で混合気が爆発したり、ピストンが高速で往復したりと、何かとエンジン内で大・・・

直4(ちょくよん)

 シリンダー(混合気が爆発してピストンを上下させている筒)が4本あり、それらが一直線に並んでいる「直・・・

2ストローク

エンジンの爆発行程の一つ。2スト、2サイクルともいわれ、その名の通り2つの行程(ストローク)で燃焼(・・・

ドラムブレーキ

ホイールにドラムと呼ばれる円筒形の部品が取り付けられたブレーキのこと。ドラムはホイールと一体になって・・・

ナナハン

 排気量が750ccのバイクのこと。昔は、国内向けに販売されるバイクは750cc以下にメーカー側が自・・・

ビッグスクーター

 ひと昔前まで、スクーターといえば原付バイクの代名詞的存在であったが、250ccのスクーター、ヤマハ・・・

フラッグシップ

 もともと本来の意味は軍事用語の「旗艦」のこと。何隻かが集まった艦隊の中で、司令官が乗っている船を「・・・

フルスロットル

 単純に説明すると、スロットルを全開にすること。当然スピードも出るが、燃料消費も激しい。

ボア×ストローク

 シリンダーとピストンの大きさを表すときに使われる表現で、「ボア」はシリンダーの直径、「ストローク」・・・

ミニバイク

 もともとは車重30kg以下、タイヤ径(大きさ)5〜8インチ、ホイールベース1m以下の小型バイクを指・・・

MotoGP(モトジーピー)

2輪車のロードレースにおける最高峰として1949年にヨーロッパで始まった。かつてはWGP(世界GP/・・・

リッタークラス

 文字通り、1000cc、つまり1リットルを超える排気量を持つバイクのこと。その大きなエンジンが繰り・・・


←用語辞典TOPにもどる