グローバルナビゲーションへローカルナビゲーションへ本文へサイト情報へ

ホーム > バイク・スクーター > ヤマハバイクワールド : バイク用語辞典



バイク用語辞典


意外と知らないバイクの専門用語を基礎から分かりやすく徹底解説。




バイク用語辞典

★検索キーワードTOP10

★新着用語NEW

★50音順で探す










★ジャンルで探す

ジャンル別インデックス

新規検索

バイクの種類

オフ車

土、砂利などの未舗装路を走るのに適したバイク。オフロード用のバイク(車)を縮めてオフ車と呼ぶ。高いシ・・・

旧車

旧車という定義自体がやや曖昧だが、一般的には販売が終了してしまった絶版モデルで、さらにある程度の年月・・・

クォーター

排気量が250ccのバイクのこと。クォーターは4分の1を意味し、1000ccのクォーターということで・・・

クルーザー

写真のようなスタイルをしたバイク。全体的に低く長く構えていて、手足を前方に投げ出すようなスタイルで乗・・・

軽二輪

 126cc以上250cc以下のバイク。

原付

原動機付き自転車の略。一般的にヤマハのギアのようなビジネスバイクやビーノ、ジョグなどのスクーターを指・・・

コンセプトモデル

 モーターショーなどに出展される、未来的な参考出品モデルのこと。いわば、メーカーが「将来こんなのを出・・・

コンペティションモデル

競技専用として売られているバイク。  基本的にはウインカー(フラッシャー)やヘッドライトなどの・・・

スーパースポーツ

 オートバイにはゆっくりと走るツーリングという楽しみ方だけではなく、峠やサーキットを走るという楽しみ・・・

絶版車(ぜっぱんしゃ)

 現行のラインナップに入っていないモデルのこと。言ってしまえばメーカーで生産が中止されたモデルはすべ・・・

中型バイク

 現在の普通自動二輪にあたる免許が、昔は中型免許と呼ばれていたことで、普通自動二輪で運転できるバイク・・・

ツアラー/クルーザー

 ツアラーとクルーザーはどちらも長距離の移動(ロングツーリング)を快適にするための工夫がいろいろなさ・・・

デュアルパーパス

デュアルは「2つ」という意味、パーパスは「目的」。つまり、2つの目的で使えるバイクということ。バイク・・・

トラッカー

 土の周回路(ダートトラック)を、リヤタイヤを滑らせながら走るダートトラックレーサーのスタイルをした・・・

ナナハン

 排気量が750ccのバイクのこと。昔は、国内向けに販売されるバイクは750cc以下にメーカー側が自・・・

ネイキッド(naked)

ヤマハのXJRに代表されるようなカウルの付いていないモデルのこと。もともとバイクはカウルの付いていな・・・

ビジネスバイク

 新聞配達やラーメンの出前など、商用の荷物運搬に適したバイクのこと。荷台(キャリア)が標準装備されて・・・

ビッグスクーター

 ひと昔前まで、スクーターといえば原付バイクの代名詞的存在であったが、250ccのスクーター、ヤマハ・・・

フラッグシップ

 もともと本来の意味は軍事用語の「旗艦」のこと。何隻かが集まった艦隊の中で、司令官が乗っている船を「・・・

ミドルクラス

 中型クラス。二輪の世界ではすなわち普通自動二輪免許の上限である400ccクラスのこと。しかし、これ・・・

ミニバイク

 もともとは車重30kg以下、タイヤ径(大きさ)5〜8インチ、ホイールベース1m以下の小型バイクを指・・・

モトクロス(Motocross)

モトクロッサーという通常のオフロードバイクよりスリムでハイパワーな専用マシンを使い、ジャンプ台などア・・・

輸出モデル

 その言葉通り、国内メーカーが輸出用に作ったモデルのこと。輸出先の国の規制や 仕様を考えて作られて・・・

リッタークラス

 文字通り、1000cc、つまり1リットルを超える排気量を持つバイクのこと。その大きなエンジンが繰り・・・

レーサーレプリカ

 ロードスポーツバイクの1ジャンル。バイクメーカーが擁するレースチーム(ワークスチーム)では、完全新・・・

レジャーバイク

 バイクのジャンルのひとつ。コンセプトは“車のトランクにバイクを積み込み、旅先でバイクに乗り替えて楽・・・

レトロ系

 バイクを分類するジャンルの一カテゴリー。明確な線引きがあるわけではないが、ロードモデルの中で、レト・・・

ロードモデル

 舗装道路を走ることを前提に作られたバイクの総称。いってしまえば、スーパースポーツやツアラーなどのモ・・・


←用語辞典TOPにもどる