グローバルナビゲーションへローカルナビゲーションへ本文へサイト情報へ

ホーム > バイク・スクーター > ヤマハバイクワールド : バイク用語辞典



バイク用語辞典


意外と知らないバイクの専門用語を基礎から分かりやすく徹底解説。




バイク用語辞典

★検索キーワードTOP10

★新着用語NEW

★50音順で探す










★ジャンルで探す

ジャンル別インデックス

新規検索

バイクのパーツ・部分

アッパーブラケット/ロアーブラケット

 自分のバイクを前から見てみよう。フロントフォークがヘッドライトの上下で固定されているのがわかるはず・・・

アナログメーター(analog meter)

針が振れるタイプのメーター。アナログの時計と同じで、針が示したところの目盛りを読む。  これに・・・

イモビライザー(immobilizer)

特定の信号でしかエンジンがかからないようになっている近年メジャーな防犯システム。バイクの本体に信号を・・・

インジケーターランプ(indicator lamp)

いわばバイクの状態を知らせるランプ。ほとんどのモデルは、メーターの周りにある。ギヤをニュートラルに入・・・

エアクリーナーボックス(air cleaner box)

空気をキレイにする装置。とはいっても、排気ガスをキレイにするのではなく、吸い込む方の空気をキレイにす・・・

HID(エイチアイディ)(High Intensity Discharge)

High Intensity Dischargeの頭文字を取った略称で、高照度放電装置のこと。普通の・・・

LED(エルイーディー)(LED)

 Light-Emitting Diodeの頭文字を取った略称。いわゆる発光ダイオード。ごく平たくい・・・

エンジンスライダー(engine slider)

エンジンの外側に取り付けることで、転倒した際のエンジンへのダメージを軽減するためのパーツ。ちなみに、・・・

エンジンハンガー(engine hanger)

エンジンとフレームを結ぶプレートなどのこと。文字どおりエンジンを吊す(=hang)形で取り付けられて・・・

オドメーター(odometer)

今までに走った総距離を表示するメーター。スピードメーターと一体になっているものが多い。アナログの場合・・・

カーボン(carbonfiber)

宇宙技術で開発された炭素素材で、軽量でありながらも強度がある。黒っぽい色をしており、近づいてよく見て・・・

カウル(cowl)

空気の抵抗を減らすため車体についているカバー。カウリングと呼ばれることもある。  バイクの場合・・・

カラー

バイクでは主にベアリングとベアリングの間を埋めるパイプ状の部品を指すことが多い。ホイールのベアリング・・・

キャリア(carrier)

荷物を載せるための台。ヒモがかけやすいように荷かけフックが付いていたりする。前に付いていればフロント・・・

グラスウール(glass wool)

多くのリプレイスマフラーに使われている消音材のこと。サイレンサー内部のパンチングパイプと呼ばれる多数・・・

グラブバー(glove bar)

後部シートに沿うように取り付けられたタンデムライダーが使う握り棒。あると格段にタンデムがしやすくなる・・・

クランクケース(crankcase)

クランクケースとは、シリンダーやピストンとともにエンジン本体の一部をなす箱状パーツ。エンジンの基本と・・・

サーモスタット(thermostat)

多くの人は、バイクと関係ないところで聞いたことがある単語だろう。温度に反応してスイッチが自動的に入っ・・・

サイドカバー(side cover)

シートの下、車体の横についているカバーのこと。中はエアクリーナーボックスになっていたり、バッテリーが・・・

サイドスタンド(the side stands)

左のフットレストの下あたりに取り付けられた、駐輪の際にバイクを支える棒のこと。自転車にも使われている・・・

シートレール(seat rail)

シートを車体に取り付けるためのパイプ(サブフレーム)のこと。通常は、フレームに溶接されていて、そこか・・・

車載工具

バイクを買ったときから付いている工具のこと。  車載工具を見たことがないという人は、サイドカバ・・・

純正パーツ(Genuine Parts)

バイクが新品のときについている、バイクメーカー指定のパーツのこと。  たとえば、立ちゴケでへこ・・・

水温計(すいおんけい)(water thermometer)

「水」といっても単なる水ではなくて、エンジン冷却水の温度を計測して表示するもの。  エンジンは・・・

ステアリング(steering)

ステアリングとは操舵の意味。「ハンドル」「ハンドリング」などと同意語で、「ステアリングが軽い」「ステ・・・

ステー(stay)

stay=支える、という意味。バイク用語でも意味はほとんど同じで、例を挙げればヘッドライトを支えてい・・・

スポイラー(spoiler)

超高速域では車体下に潜り込んだ風が車体を浮き上がらせ、エンジンの力を100%路面へ伝えることができな・・・

スロットルケーブル

スロットル操作(右手でスロットルグリップをひねる動き)を燃料供給装置(キャブレターなど)に伝えるケー・・・

セパハン

セパレートハンドルの略。その名の通り、一本の棒の両端にグリップが付いているバーハンドルとは違い、左右・・・

センタースタンド

 サイドスタンドとは違い、オートバイを直立させた状態で停めておけるスタンドのこと。  リヤタイヤが・・・

タコメーター

 エンジンの回転数を表示するメーターのこと。回転数とは、クランクシャフトが一分間に何回転するかを示し・・・

チョーク

 エンジンを始動しやすくするためにキャブレターに組み込まれている機構のことで、このレバーを引くとエン・・・

手曲げ

 通常、エキゾーストパイプ(排気管)は機械で成型されるが、それを人間の手で行なっているもの。中に砂を・・・

トップケース

車体後部に取り付けることができるプラスチックなどでできたハードケースのこと。シート後部といっても、タ・・・

トリップメーター

 走行距離を表示するメーター。とはいっても、それまでに走った距離の合計を表示するオドメーターと違って・・・

ハザードランプ

緊急事態や「そこにバイクが存在していること」をまわりに知らせるため点滅する ランプ。ランプとは・・・

バックレスト(backrest)

2人乗りの際に、後席の人間を支える背もたれのこと。普通はオプションパーツであるが、一部ではじめから付・・・

パニアケース

 後輪の左右、またはシートの後方に取り付けるプラスチックなどで作られたハードケースのこと。詳しくはト・・・

ヒートガード

 エンジンが動きはじめ、排気を開始すると、エキゾーストパイプも急速に熱を持ってくる。不用意に触れよう・・・

ファンネル

 キャブレターの空気を吸い込む側に付ける、ろうと(ファンネル)状のパーツのことで、空気を吸い込む効率・・・

フットレスト

 バイクに乗る際、足をのせる場所。運転者が使用する方をいわゆるフットレストと呼び、タンデマー(後ろに・・・

フューエルコック

タンクからキャブレターに燃料を送る通路の切り替えスイッチ。「ON」「OFF」「RES(予備/リザーブ・・・

フレーム

 バイクの車体を構成する骨格。材質はスチールやアルミが一般的で、ダブルクレードル・ツインスパー・バッ・・・

ベアリング

 回転している部分の摩擦を減らし、運動をなめらかにする部品のこと。軸受けとも呼ばれ、軸(シャフト)を・・・

メットイン

 スクーターのシートの下に設けられたヘルメットを入れる収納スペースのこと。最近のビッグスクーターなど・・・

油圧

まず、エンジン内部にはエンジンにとっての血液ともいえるエンジンオイルが循環しており、各部の潤滑・清掃・・・

リザーブ

 バイク用語の場合、reserveという言葉は「保留する・取っておく」といった意味合いで使われる。ガ・・・

リブ

 変形防止のため、面に直角に取り付ける補強材のこと。一部のスポークホイールにも補強として付いている。

リフレクター

 バイクのナンバープレートまわりに付いている赤やオレンジの反射板。  昼間に比べ路上の交通状況が把・・・

ワッシャー

 ボルトやナットをはめるときに、部材との間にかませるドーナツ形の部品。ボルトの緩み防止や部材の傷つき・・・


←用語辞典TOPにもどる